義歯・部分入歯について
保険の部分入れ歯では、入れ歯を支えるために、「クラスプ」という金属のバネを歯に引っ掛ける必要があります。
金属が表に出てしまうため見た目が悪くなってしまいますが、保険ではこのタイプの部分入れ歯しか作ることが出来ません。
金属が気になって素直に笑えなかったり、噛む能力(咀嚼能率)が天然の歯の約20〜30%程度しかないため、食事をする際も上手く噛めなかったりして気になり、楽しく食事ができないという方がほとんどです。

保険適応外診療ですが義歯でお悩みの方には「軟性義歯」「マグネット義歯(磁性アタッチメント義歯)」をおすすめします。
金属がないため見た目が気にならず、装着した感じは自然でフィットし、強い力でかむことができます。

軟性義歯「スマイルデンチャー」
スマイルデンチャーとは、「スーパーポリアミドナイロン樹脂」という素材で出来ている部分入れ歯です。
薄く、軽く、弾力のあるのが特徴です。
非常に見た目が良く、笑っても入れ歯だとほとんど分からないので笑顔に自信が持てるということからこの名が付きました。

【軟性義歯・スマイルデンチャーのおすすめポイント】
薄く、軽く、弾力があるため、装着感が良い。
非常に見た目が良く、笑っても入れ歯だとほとんど分からない。
金属を使用しないので、金属アレルギーの心配がない。
義歯の隙間やスクラプに食べ物が入らない。
破折し難い。
手術の必要がなく、インプラントに比べ費用も安価です。

【使用できない場合】
残っている歯の状態によっては使用できない場合があります。

マグネット義歯(磁性アタッチメント義歯)
マグネット義歯とは、残っている歯根に磁性金属を埋め込み、入れ歯の裏側(歯肉に触れる側)に小さい磁石を埋め込んで固定させる入れ歯(義歯)のことです。
歯根が残っている場合に適用できます。土台となる歯には無理な負荷をかけず、磁力によって強力に密着するため、ぐらついたり、ズレたりすることはありません。
また、部分入れ歯だけでなく総入れ歯にも使用できます。
入れ歯の安定感物を噛む能力を高める方法です。

【マグネット義歯(磁性アタッチメント義歯)のおすすめポイント】
クラスプ(止め金)が必要ないので、見た目が良い。
カチッと入れ歯が固定されるので、フィット感が高く安定感がある。
土台となる歯に無理な負荷がかからない。
根っこしか残っていない歯を抜かずに利用できるので、噛み応えが良い。
強い力で噛むことができる。
従来の入れ歯と比べると小型。
摩擦や破損がないため長期間使える。
入れ歯の取り外しが容易にできる。
取り扱い方が簡単。
古いタイプの入れ歯にも組み込める。

※磁性金属を接着する歯は神経のない歯でなければならないので神経を便宜的に取る必要があります。

【使用できない場合】
心臓ペースメーカーを使っている方